カビュー無料査定はこちら

車の買取査定から契約・車渡し・入金までの流れと注意点

車の買取査定から契約・車渡し・入金までのの基本的な流れ

1、査定を受ける
まず中古車買取査定はウェブ上から申し込んだり、実店舗に足を運んで査定してもらうか決めましょう。
査定にかかる時間はネットであれば1分、来店であれば15~30分くらいみておきましょう。

2、担当者に希望を伝える
車の売買の商談で重要なのは、時期・金額です。
車の価値は査定日が最も高いので引渡しが即日可能であれば良いですね。
それ以降日毎に評価額が下がっていきますので、長くても1週間以内に受け渡しがおこなわれる事が大切です。
再査定になれば査定額が下げられる可能性が高くなりますので気を付けて下さい。
遅れれば遅れる程、走行距離も変わってきますし、最悪事故などで車両状態が変わってしまう場合もありますからね。
事前にネットから複数社へ一括見積をとって評価額を把握しておくと、条件交渉もしやすくなります。

3、評価額に納得いけば契約
買取条件を担当者と交渉した結果、提示金額が納得できるものであれば契約となります。
あとは担当者の指示通りに契約に必要な書類(車検証・自賠責原本・実印・印鑑証明(注意:発行後1ヶ月以内のもの)・免許のコピーなど本人確認書類・ローン残高関係)などが手続きに必要となります。

4、書類と車を渡す
引き渡し当日は車両と一緒に指示された必要書類を査定を受けたお店への持ち込む事となります。

5、入金確認です。
基本的には車と書類を引き渡してから2,3営業日後に入金されます。
希望すれば、その場で現金を手渡してくれる買取業者もあるので、契約の前に予め確認しておきましょう。

カビュー無料査定はこちら