カビュー無料査定はこちら

事故車・ボロボロ・キズありでもマイナス査定無しで買取り

事故車の扱いについて、どこまからが事故車に該当するのか気になるところ。

基本的に中古車の性能、安全性が損なわれていなければ事故車にはなりません。

つまり、事故などによって自動車のフレーム部分の修理、または損傷している車は事故車となりますが、外板部分のキズやへこみがあるボロボロの中古車でも「事故車」には該当しません。

ですので、追突事故にあってしまった場合など追突による破損具合により、事故車扱いとなる場合もあれば、そうでない場合もあります。

査定金額における事故車の影響は、通常査定額の約20%が減額されると言われています。

では、実際の査定を受ける際に事故歴については申告した方が良いのでしょうか?

事故には大小あれ、買い取り業者に無事故車と申告したものの、後日事故車と発覚し査定金額が変わったため差額を返金請求されるというケースもあります。

多くの買取店の契約書には修復歴やメーター改ざん、冠水歴等が発覚した場合は契約の解除及び返金、掛かった費用の請求の旨の内容が記載されていると思います。

ですので大きな事故、フレーム部分にダメージは無くてもドアなど丸ごと交換が必要なくらいの修理をした場合は申告しておいた方が無難でしょう。

中古車がオートオークションに出される際には、厳しいプロの目でチェックされますので事故歴は見破られると思って置いた方が良いでしょう。

販売業者も無事故車として販売して、後でお客さんに事故歴有りだったとクレームがあると損害賠償ものですからね。

軽いキズなどは修理してもしなくても、それほど査定に影響はでないですし、それよりも車内を掃除しておいた方が査定は上がります。

かえって修理代の方が高くついたりする場合があります。

査定は業者によってかなり値段のひらきがあるので、まとめて何社かに見積もりが取れるサービスを利用頂いた方がいいと思います。

カビュー無料査定はこちら