カビュー無料査定はこちら

輸入車・旧車・趣味車の買取査定はどの位

昔から輸入車・旧車・趣味車に乗る方は一定数いますが、最近では趣味や趣向も多様化しそのような車に乗る方がさらに増えてきました。

ですが、一般的に普及しいている車と比べると販売比率は圧倒的に少なくなっています。

輸入車・旧車は特に故障と捉えるか、消耗品の交換と捉えるかは別として、一般的には国産車よりもお金はかかるというネガティブなイメージが先行していると思います。

実際に長く乗れば乗るほど維持費がかさむ場合があり、修理体制も確保しないといけないので敬遠されている感はあります。

輸入車の買取査定では、ある程度人気の車種やカラーなどは決まっています。

BMW、ベンツ、アウディ、プジョー、ボルボなどが安定した人気があるため、他の輸入車より有利な査定が出やすくなっています。

やはり売れない車・需要の少ない車は査定額が低く、とくにアメ車は特にその傾向にあります。

また、輸入車かつ年式が古すぎるといった場合は、値段がつきにくいようです。

ただ一方で、趣味車というのはコアなファンが多いので、輸入車やアメ車を専門的に扱っている業者も多くあります。

特にインターネットの一括査定サービスには、外車・趣味車専門業者が積極的に参加し、人気薄の車や古い車でも意外な査定額が提示されるようになってきました。

つまりマニアックなユーザー需要とネットでの供給が一致し、マーケットが創出されているということです。

レトロ感が売りであるような旧車にもこれは当てはまります。

数十年前には名車として人気があった車を今も大事に使っている方も多くいますが、自分の愛着や思い入れとは反比例するような査定額を提示される事が多かったですが、近頃ではネットの一括査定などを利用することで大きく査定額が変わるという例も多く見受けられます。

古い・外車だからと諦めかけていた方でも、ニーズの多様化により予想外の査定されるケースも多いので、気軽に一括査定を利用されると良いと思います。

カビュー無料査定はこちら