カビュー無料査定はこちら

点検記録・取扱説明書があるか確認

みなさんの車のグローブボックスなどに車検証とともに「整備ノート」、「メンテナンス記録簿」などといった名称で、定期点検
項目が記載された点検記録があると思います。

車を売却、下取りしてもらうときには、この点検記録や取扱い説明書は査定に必要なものになります。

まずは車のカルテとしての整備記録簿が備わっているか確認して下さい。

車がの外装や車内が綺麗でも、定期点検整備記録簿がなければ日頃の整備状況がわかりません。

メーターの巻き戻しなどの心配もあり、記録簿が全くない車は買いませんよね。

その次に車の取り扱い説明書は紛失していませんか?

整備記録簿.点検整備記録簿よりは重要度は低いですが、車の説明書がない中古車も若干価値を落としてしまいます。

昔の車とは違って各操作系が電子化されたものが多く、取り扱い説明書がなければ使い方がわからないという事も多々あります。

中古車購入者にとって、その車が何らかのリコールにかかっているかどうか、また、対策済みかどうかも非常に気になります。対策済みの場合は、ディーラーの担当者が記録簿に記したり、ステッカーを貼ったりするものですが、この点も査定担当者に伝えておきましょう。

12ヶ月点検や24ヶ月点検が義務ではなくなったとはいえ、点検記録は中古車購入の重要な判断材料になりますから、車の査定時には備えつけておきましょう。

カビュー無料査定はこちら